注文住宅のススメ

注文住宅の情報が満載!

当サイトでは、これから注文住宅によるマイホームの購入を考えている方にお役立ちの情報をご紹介しています。
建売住宅との違いをはじめとして、あらかじめ知っておくべきことはたくさんあります。
事前に大切な情報を知っておかなければ、途中で後悔してしまうこともあるかもしれません。
そうなってしまえば、気持ちのよい家づくりが出来ない可能性もあります。
マイホームを購入する前には、様々な情報をチェックしておきましょう。

注文住宅とは

注文住宅とは 注文住宅の概要をまとめると、工務店や住宅メーカーに希望する間取りや内装、外観などを伝えて、住む人たちの好みに合った家づくりが出来るものだと言うことができます。
注文住宅にはたくさんのメリットがありますが、いちばんは住宅を自分たちの好みにカスタマイズすることができるという点にあると言えるでしょう。
長期にわたって住み続ける家ですから、できるだけ理想に合った家づくりをしたいものです。
注文住宅であれば、家族構成や将来設計に合わせて間取りを考えたり、自分たちの好きな外観や内装を実現することができます。
また、予算に合わせて家づくりを行うことができるので、他の方法よりも自由度が高い家づくりが可能となるのです。

注文住宅が分かる簡単な概要と気になるデメリット

注文住宅が分かる簡単な概要と気になるデメリット 注文住宅は名前のように、施主が希望する住宅を建築会社と話し合って決める、比較的自由度の高い住宅のことです。
外観のデザインや間取りの設計を決められる上に、構造にも注文を出すことができるので、拘りたい人にとってまさに魅力的な住宅です。
注文住宅の概要はこれくらいですが、一方では完成品の購入ではないことから、入居までに時間が掛かってしまうデメリットがあります。
しかも、オーダーメイドなので資金を準備する重要性が高いので、資金計画をしっかりと立てて手続きを進める手間も無視できないです。
あれもこれも希望すると費用が大幅にアップしたり、想定以上の出費が発生してしまう可能性があるのもデメリットです。
明確な住みたい家のイメージがある人なら良いですが、目移りして1つに決められない人だと、注文住宅は全てにおいて希望した通りに完成するとは限らないです。
建築会社の提案に乗ったり、細かい部分を会社側に任せると、結局は建売とあまり変わらないといった結果になりかねないです。
注文住宅のデメリットは、自由度が高い分自分で明確なイメージを持つ必要があったり、増加する予算の確保や話し合いなど手間が掛かることがネックではないでしょうか。

生活スタイルや予算に合う注文住宅のバリエーションを見つける

注文住宅には複数のバリエーションがあり、フルオーダーとセミオーダーと企画住宅の中から、予算や希望に合うものを選択できます。細部まで自分たちのこだわりを詰め込めるのがフルオーダー方式で、ガレージや地下室なども設置できる自由度の高さが魅力です。
この部屋は防音性を高めてほしいといった機能性に関する注文も聞いてもらえて、値段が高額になりやすいために予算に余裕がある方々に合っています。決められたパターンの中から建具や床を選んでいき、住宅を完成させるのがセミオーダー方式です。
壁の内側に配置する断熱材などはメーカー側が選んでいて、細部まで設計を変更できないのはデメリットですが、コストが安いのがセミオーダーの利点です。企画住宅はセミオーダーよりも選択肢が減りますが、数種類の中から間取りを選べばいいだけなので、打ち合わせにかかる期間が短くて済みます。
メーカー側がおすすめする間取りの中から好みに合う注文住宅を選べて、コストが安く済むのも企画住宅の人気が高い理由です。

注文住宅のプランを考える場合の優先順位とは

家づくりでは家族全員の意見を集約することが重要ですが、希望をすべて盛り込むと予算をオーバーします。そのために限られた予算内で注文住宅を建てるときには、優先順位をつけて建築プランを決めるべきです。特に家族の生命と財産を守ることが最も重要なので、注文住宅のプラン選びでは耐震性にこだわることが多いです。
強固な地盤の分譲地を買うと、様々なハウスメーカーのプランの中から自由に選べるようになります。
一方でライフスタイルが変化することも考えて、リフォームのしやすさにこだわって設計する姿勢も求められます。ファミリー層向けの設計に強い建築士であれば、改造が容易な注文住宅のプランを構築することもできます。
そして家族が多いケースでは、建築費用がどうしても高額になりがちです。
そこで予算をかけずに住まいを建築するために、ローコストのハウスメーカーを選ぶ施主も増えています。ウェブサイトのみで宣伝をするメーカーであれば、低価格でもクオリティーの高い家を建てることが可能です。

生活に必要な間取りを注文住宅ではまず考えよう

注文住宅では、間取りを考える上で必ず重要になるポイントが2つあります。まず、理想的な空間を考えるのではなく現実的に実現可能なものを考えていくということです。実際に、注文住宅の大きな失敗例として空間設計を間違ってしまうという点が挙げられます。
理想を追うあまりに実現が難しい設計になってしまって、現実的な生活感がなくなってしまうという失敗です。こういったことにならないようにするためには、まず生活空間を壊さないような設計にしなくてはいけません。
そして、二つ目に重要なのが間取りを決定した後はきちんとシミュレーションを立てるということです。
例えば、キッチンやリビングを大きく取ってしまうと収納スペースがなくなってしまう可能性も存在します。生活を行っていく上で必要な空間は存在します。このような部分をきちんと考慮しておかないと、見かけ上はとても綺麗な内装に見えても現実的な暮らしが非常に窮屈になる可能性もありますので注意が必要です。

注文住宅の設計時に検討してほしいキッチン

建売住宅や分譲マンションとは異なり、注文住宅は柔軟性の高い設計が可能です。家で料理を食べることが多い家庭ならば、キッチンにこだわることもできます。
まず検討してほしいのが、バーカウンターを設置することです。一般的な住宅では、対面式にしてリビングの様子を見られるようにしたり、料理を運んでもらえるようにしたりするところです。
それよりもお酒と料理を楽しみたいならば、バーカウンターで向き合えるようするものいいでしょう。
自宅でゲストをもてなしたい人にぴったりです。
次に曲面のカウンターも面白いです。
通常のユニットは直線的ですが、高級なユニットや独自設計ならば曲線的なものも設置できます。
めったに見ることがないタイプのものですから、ゲストに珍しがられることでしょう。
LDKに曲線を採り入れた注文住宅ならばきれいにフィットします。
最後にカウンターにアートを入れることです。モザイクタイルなどで芸術性をもたせて、特別なセンスを出すことが可能です。

家族のニーズを把握して注文住宅を建てるメリット

注文住宅を新築する場合には、施主が主導的にプランを考えるのが一般的です。
しかし住み心地の良い住まいの実現では、家族一人一人のニーズを把握することも大切です。
特に主婦の支店でキッチンなどを設計すると、家事の効率性も大幅にアップします。
そして子供一人一人の要望を聞き取ると、勉強がしやすくて自立した生活が実現できる住まいにすることもできます。
一般的な施主は個性豊かな注文住宅を強く求めていますが、家づくりの成功例を参考にするのが望ましいです。
過去の実例をベースにするとありふれた間取りになりますが、一方で暮らしやすさは非常に良くなります。
とりわけ親子4人で暮らす標準的な家庭に適しているのは、広いリビングがある4LDKの注文住宅です。
家族の規模になった広さのプランを選ぶと、費用を節約したうえで質の高い建物にすることも容易です。
最初に家族会議で住まいについて話し合うと、より良いプランを見つけ出すことができます。

今後の注文住宅はSDGsを意識した設備が大切です

念願の注文住宅を建てる方の場合、デザイン的な部分で理想に近い家作りを行っているハウスメーカーや工務店を選ぶことが多い傾向にあります。
確かに建売住宅には採用されていない住宅資材や外観のデザインに仕上げることで、自慢の我が家にすることは可能になります。
注文住宅では今後を見据えた設備や間取りに仕上げることも大切になり、SDGsに合致するように建築をする方法により、省エネだけではなく自然環境を守ることにも貢献することができます。
持続可能な省エネの設備機器の代表的な事例は太陽光発電だけではなく蓄電池も完備する方法、更に電気式の熱効率に優れた機能を発揮する給湯器も設備にすることは推奨できるのではないでしょうか。
この範囲では各メーカーが販売している機材類を使う方法ですが、他にも高断熱な注文住宅として断熱材を通常よりも多く採用することや窓ガラスは最低でも複層ガラスを指定することも効果的です。
換気を良好にする方法もあり、窓ガラスを開放した際に部屋の中をクリーンな空気を取り込めるように設計をすることもSDGsの範囲としては最適ではないでしょうか。

シェルター型の注文住宅と言うものは必要になるのか

最近は、日本のミサイルの問題などがあり海外からミサイルが飛んできたときの対処方法があまり具体的ではありません。
防衛すると言う事は大事ですが、一人一人の国民がそれに対応する準備をしておいた方が良いといえます。
では準備が万全かと言われれば、ほとんどの人が万全ではないでしょう。少なくとも家族が生き残るためには、例えば注文住宅などで核シェルターなどを入れてみても良いかもしれないです。
注文住宅にそのようなものを入れるのは物騒だと感じるかもしれませんが、これは海外では当たり前の話になります。
すべての家とは言いませんが、比較的多くの住宅でそのような仕組みを採用しているケースがあるかもしれません。
それ故、これからの時代のことを考えて、積極的に注文住宅に取り入れてみるのが良いわけです。
とは言え、実際に事例がどの程度あるかなども見ておきましょう。
おそらくそれほどシェルターを導入している事はありませんので、あまり参考事例は無いかもしれないですが確実に導入しているところもあるわけです。

最近は特に注文住宅の蓄電池が注目されている

注文住宅を建築する場合、蓄電池を導入しているケースは多くあります。
注文住宅でこれを導入している理由は様々ですが、なんといっても電気代の節約になることは間違いありません。
普通は太陽光パネルなどを教えていますので、設置だけで1,500,000円位かかるはずです。
では1,500,000円のお金がどの程度で回収できるか問題になりますが、電気代が高くなっている谷に置いて、回収するのはおそらく10年もかからないでしょう。
ちなみに電気代が高くなっている理由は、以前に比べて円安になっていることが考えられます。
円安になればなるほど、その分だけ外国から輸入するエネルギーが高くなる傾向がありますので、その結果電気代も高くなることが想定できるわけです。
ただ10年と言うスパンで見ると、やがて円高に戻る可能性もありますので、これに関しては何とも言えません。
あと、ロシアが戦争をしている場合にはその分だけ輸入ができなくなりますのでお金が高くなると言っても良いでしょう。
これらを考えると、やはり太陽光パネルの設置等は大事になるかもしれません。

注文住宅の建築のときには津波に注意しておくこと

今から注文住宅を建築する場合でも、近くに海などがある場合には、常に津波の事は考えておかなければいけません。
人々がこれを意識するようになったのは言うまでもなく、2011年の東日本大震災からです。
まさかここまで波が来る事はないだろうと感じていた人であっても、家が波に飲まれてしまったと言う事例はよく見受けられたわけです。
そこで、仮に海から1キロメートルほど離れていた場合でも、十分にその可能性はあると考えておかないといけません。
かといって、それにつよい住宅と言うのはあまり考えにくいです。
せめて鉄筋コンクリートなどにするならば問題ありませんが、そうでなければ建物自体が波につよいといった事はあまり考えられないため、それならばしっかりとした高台などに建築すると良いでしょう。
あるいはもともと高さを維持しておくことも大事になります。
例えば、玄関を2回におくなどの工夫が必要です。想定を意識して注文住宅を建築すると良いかもしれません。

注文住宅を建築するならば節電を考えておきたい

今から注文住宅の建築を考えるならば、マイホームの設計も重要になりますが注文住宅の設計のときには節電も考えておかなければいけません。
節電と言うのは要するに、できるだけ電気代をかけないようにすることです。
使わない電気をなるべく減らすと言うのは大事かもしれませんが、それ以上に太陽光パネル等の設置も大事になるかもしれません。
最近は売電と呼ばれるものが少なくなってきていますので、あまり設置する意味がないと言う人もいるでしょう。
ですが蓄電池などを加えると、自分たちで発電した電気をそのまま使うことができるため、非常に有利です。
将来的に電気代が安くなると言う時代であれば、そのようなものはほとんど必要ないです。
むしろ無駄な投資になってしまうでしょう。
しかしながら、将来的にお金が高くなる電気代と言うのは、十分に考えられるだけでなく、実際にそのような流れになっています。
あまりにも長いスパンの場合は別ですが、基本的にそれらを考えると、できるだけ節約をする仕組みを作り加えて節約をしておかなければいけません。

将来を見据えて注文住宅にバリアフリーを導入

注文住宅を建てる際、将来の生活をイメージすることも大事です。
いつまでも若くないため、健康な状態ばかり想定していると、年を重ねるにつれて困りやすくなります。
たとえば、若い頃は廊下と部屋の段差が気になることは少ないでしょう。
しかし、高齢になって足を上げづらくなると、僅かな段差に躓くケースが増えてきます。
骨折などにつながるケースもあるため、決して楽観視できる事柄ではありません。
このリスクを回避したいなら、あらかじめ段差がないように設計するという手があります。
このようなバリアフリーはアイデア次第でたくさん盛り込めます。
トイレのドアを広くすることもその一つであり、そうすれば車椅子での出入りも容易です。
階段に持ちやすい手すりを設けるなど、基本的には安全性を重視した工夫をこらしていきます。
浴室での転倒事故も多いため、床に滑りにくい素材を採用することも有効です。こうした調整を行えることも注文住宅ならではの魅力です。

耐震性を考慮した注文住宅は将来的にも安心感が増す

注文住宅では、耐震性を考慮した安全性の高い住宅の設計が非常に重要です。
実際に、注文住宅を利用できる業者の中には独自色を出すために建築基準を高く設けながら、住宅住宅を設計してくれるところも少なくありません。
日本の場合は地震が非常に多いので、強固な耐震性のある住宅を設計していかないと将来的にも安定して生活を行うことができないという特徴が存在します。
注文住宅を行う時であっても同じで、将来的にも災害に強い住宅設計に力を入れている業者は少なくありません。
専門の設計事務所もあれば、建築業者まで様々な形で連携を取りながら施工を進めていくことが可能です。
特に、フルオーダーで相談が可能なハウスメーカーや工務店などでは細かな部分にまで力を入れていますので、こういった将来的な安全性に関してもとても信用性が高いです。
注文住宅を請け負う専門業者の施工は、それだけ品質が非常に高いので実績や経験を確認して相談することが大切です。

注文住宅におけるインテリアでは、基準を設けることが大事

注文住宅においては、インテリアもかなり悩む点です。
そこに住む予定のあるすべての人の希望要望も叶えつつ、予算も考え、なおかつ生活していて長きに渡って気分良くいられる空間であることも考慮しなければいけません。
それにインテリアは家の印象を大きく左右するものでもあります。
あれもこれも考えるべきことが多くあるために、混乱状態に陥ってしまうというケースがよくあります。
そうなってしまわないためにも、まずは方向性を明確にしておきましょう。
この場合の方向性とは、つまり、何を一番に優先するかを決めてしまうことを指します。
資金的に不安になりたくないのであれば予算を、家を建てるなら住む人の希望要望を叶えることが大事だと考えるのであればその部分を、とにかく何か一つ何よりも優先することを決めて仕舞えば、迷うことはなくなります。
自由度が高く、こだわればどこまででもこだわることのできる注文住宅だからこそ、迷ったときに道標となる基準が必要です。

注文住宅で趣味用のスペースを確保する際の注意点

注文住宅の魅力として、自分の好きな空間を持てることが挙げられます。
つまり、自分の趣味に合わせてスペースを設けることも可能です。
たとえば、楽器を演奏することが好きなら、防音設備を導入した個室を用意するという手があります。
本格的な筋トレを希望するなら、トレーニングルームを確保すると良いでしょう。
他にもさまざまなパターンがあり、基本的には設計段階で盛り込んでおくと実現できます。
ただし、それは自分だけにフォーカスしている考えなので注意してください。プラモデルを組み立てる専用部屋が欲しくても、配偶者はそこを子供部屋にしたいと言うかもしれません。
当面使う予定がないスペースでも、趣味用にするよりは収納スペースにしようと考える場合もあります。
このように家族でも価値観によって方針はさまざまです。
注文住宅の建築前にしっかり相談して、それぞれが納得できる状態にしておくことが欠かせません。
一般的な用途ではない部屋を設けたい場合はなおさらです。

注文住宅を耐久性の高い古民家風にする住宅資材と家具類

憧れの注文住宅を建てる方の中には、古民家風を希望する方も実在しています。
この場合は耐久性を持たせることも必要とされるので、採用する住宅資材に関しては工務店と十分な話し合いをして決めることが最善策です。
例えば屋根を瓦にしたい場合では、現在では樹脂瓦も住宅資材にあり、このタイプであれば耐久性は勿論のこと、重量が軽量になることで耐震性アップにも役立ちます。
外壁に関しては、木材を使ってしまうと耐久性が落ちてしまうので、木質系サイディングを使う方法や、漆喰やセメントを使った塗り壁にする方法も効果的です。
注文住宅は施主の意見を実現できるので、古民家風の内装では無垢材を多用することは勿論のこと、天井ボードは作らずに敢えて柱や梁が見える状態にする構造も重要になります。
他にも建具はドアではなく格子状の引戸を採用したり、窓ガラスは樹脂サッシを使いながらもサッシ部はブランにする方法、家具類はテーブルであれば無垢の一枚板を使った造作家具を設置するなどアイデアと工夫で耐久性を高めながら理想とする雰囲気に仕上げられます。

注文住宅に関する情報リンク

八王子 注文住宅